週末に作った料理のレシピと
和洋中パン麺の食べ歩き記録。
<< ユニックさん | main | クリスマスチキン >>

♯ Savory Cream Muffins

多忙につき、嫁代筆。



相方が10月にニューヨークで買ってきた"Every Day"という料理雑誌。
ちょうど11月の感謝祭用のご馳走レシピが盛りだくさんです。
我が家は感謝祭とは無縁ですが、眺めているだけでも楽しいし、ちょっとした食の博覧会だなあと感心したりもします。

一番惹かれたレシピが、セイヴォリー・クリーム・マフィン。
マフィンというよりスコーンっぽい見た目で、材料を見ても、甘ったるいマフィンとは異なるようです。
さっそく、レシピをサササと訳して、相方に渡しました。
相方も雑誌のマフィン写真を見たり、訳を読んだりした結果、「おいしそう」。
作ってくださることになりました。

そこから約2か月。

師が走ってる12月になってから、ようやっと焼かれる運びとなりました。
待望のマフィンというかスコーンというかです。
早く焼けないかなあ、ふふんふーん♪と、傍観者は陽気そのもの。
実際、焼き上がると、本当にマフィンとスコーンの合いの子でした。
さっくりしているけど、中はふかっともしているし、マフィンみたいに甘くなくて、味はプレーンなスコーンに近いです。

あまりにも気に入ったので、クリスマス用に再度作ってもらいました。

オススメします。


セイヴォリー・クリーム・マフィン
所要時間/準備10分 焼き20分
材料(12個用)
●小麦粉 2と1/2カップ
●ベーキングパウダー 大さじ1
●砂糖 大さじ1
●塩 小さじ1
●生クリーム 2カップ
●溶かした無塩バター 大さじ3

.ーブンを200度まで予熱しておく。
 12個用のマフィンパンに油を塗ります

大きめのボウルに小麦粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩を入れ、さっくり混ぜます。
 その上に生クリームを加え、生地がまとまるまでゴムベラでやさしく混ぜましょう。

生地をスプーンですくって、マフィンパンに落とします。
 溶かした無塩バターをブラシで表面に塗りましょう。

げ金色に焼き色がつくまで約20分焼きます。
 10分ほど覚ませば、できあがりです。


| 料理記録 | 22:00 | - | trackbacks(0) | | |

♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

≡ PROFILE ≡
≡CALENDAR
<< October 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
≡SELECTED ENTRIES≡
≡CATEGORIES≡
≡ARCHIVES≡
≡COMMENTS ×
≡TRACKBACKS ×
≡LINKS≡
  にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ